腰痛対策としてのコルセットを考える

0

    Thank you for visiting here!

     人生で数回ですが急性腰痛、いわゆるぎっくり腰に襲われたことがあります。初めてのぎっくり腰は忘れもしない20歳の大学生の時でした。

     

     19歳のときに生死を左右してもおかしくないほどの大事故で右膝蓋骨複雑骨折&右下腿裂傷で32針縫った弘田。体育学科に入学したものの1年時の体育はほぼ見学に(笑)。

     

     まだ動きに制限はあるもののこれならば確実に運動でもAがとれるだろうと選択科目として取った「ソフトボール」のクラス。ずっと野球をやっていたので、スローピッチ式で行われる授業なら楽勝だろう、と安直に考えたのでした。

     

     まだ90度まで曲がらない右膝で自転車に乗り、大学横のグラウンドへ。時間が推していたこともあり、ろくにアップもせずに慣れない右でバットを思い切り振った瞬間、腰に力が入らない状態に。

     

    「ああ、これが腰痛なんだ…?」と初めて体験したんです。

     

    コルセットの長期使用は腹筋群の低下を招く?
     まだリハビリといて通っていた病院の理学療法士さんから、「体のバランスもまだ全然調っていないのに、いきなりフルスイングなんて駄目に決まってるだろ!」と怒られつつ持たされたのが、コルセット。

     

     確かに痛みが和らぐんですよね。でもこれって腹筋群の筋力を低下させちゃうんじゃなかろうか、と常々思っていたんです。そんな思いをもっていたのですが、本日興味深い記事を発見。

    それがコチラ→http://http://healthpress.jp/2017/05/post-3016.html 慢性的な腰痛では<コルセット依存症>に気をつけろ! 心理的な安心感から依存に……

     

     この中で筆者が最近発表した論文について書かれていました。

    「コルセットを長期間使用していることと筋力が低下することは今のところ関係がない」…。これが結論だったそうです!

     

     また論文の中では「コルセットをつけることで腰の痛みが改善する」こともない、ということでした。

     

    動きの改善に効果的=痛みが改善したと錯覚するのかも
     コルセットに関しては長期使用したとしても筋力低下への懸念がない、という結論には驚きました。勝手に長期的なコルセットの使用は筋力発揮への妨げになるのでは、と思っていましたから…。

     

     また弘田自身は数少ないコルセット使用時には、「痛みが和らいだ」と感じていましたが、確かに急性期独特の日常生活での動きのときに感じる鋭い痛み。その怖さが減り、楽に動けたような記憶があります。

     

     もしかしたら不安なく動きができることにより、痛みが改善していると錯覚する部分もあったのかもしれませんね。

     

    こういったデータがあることを頭にいれつつ、今後のクライアント指導にも役立てたいな〜と感じた朝でした。

     


    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    シンプルだけど深い「7つの医者たち」とは

    0

      Thank you for visiting here!

       

       今朝一番でフェイスブックの先頭ページに出てきていた動画。あまりにも当たり前に的を射ていて、シェアしてしまいました。

       

       

       お日様といい空気、適度な運動とおいしいお水。バランスのいい食生活と睡眠も含めた休息。そして笑顔の多い毎日。

       

      めちゃくちゃシンプルだけど、意外とおざなりにしがちな7つ。これこそが最良のお医者さんだと思って、今一度肝に銘じて生活していきたいと思います!

       

       それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。


      自分が誰かの役に立っているという実感を持てる幸せ

      0

        Thank you for visiting here!
           昨日5月21日は株式会社ラグスターさん主催のセミナーに講師として招いていただき、「ラグビーの現場で使えるコンディショニングセミナー」を担当させていただきました。

         

         9時には現地に入り、10時から18時という長丁場のセミナー、受講者の方々も集中力を切らさずによくついてきてくれました。

           

         不思議なことに一種のアドレナリンが出て、セミナー中は一切疲れを感じないもの。特に今回はやたらと時間が過ぎるのが早い印象で、あっという間に駆け抜けた感覚でした。

           

         ずいぶん長時間のセミナーを担当するのにも慣れてきたのかな〜、と感じつつ電車に乗り込んだら、一気にドッと疲れが… 乗換駅ではフラフラと電車に乗ったら、見たことない駅を通り過ぎ… 逆方向に向かっていました。

           

         何年使っている路線なんだよ!とツッコみたくなりましたが、それだけ疲れてしまった、ということなんでしょう…

         

        今のベストを全力で
           もっとスマートに進行できたらいいなぁ、と感じることもあります。でもライブのセミナーって、淡々としてはいけないんじゃないか、とも思っているんですよね。

         

         先日も小俣よしのぶさんのセミナーを徳島で受講しましたが、内容はもちろん小俣さんが夢中で伝えようとしている、ライフワークに関しての生の熱量。

           

         それが自分の心の火というか情熱を再点火してくれるんだな〜と実感しました。「よし、また学んでいくぞ!」と思わせてくれること。それこそが生で講義やセミナーを受講することの知識の習得以上に大きいメリットだと、改めて思ったんですよね。

         

         自分のお伝えできるものは本当に素晴らしい専門家の方たちと比べると、フワッとしていて(笑)拙いものも多いです。それでも、自分の伝える思いや熱を併せて、誰かの役に立つことができれば。

         

         自分が懸命に日々模索しつつ仕事にしてきた「好き」や「情熱」が、誰かに必要とされるというのって、貴重だし掛け値なしに幸せですよね。

         

         だからこそ、今の自分が持っているベストを全力で。それが誰かの「今日、来てよかった!」や「時間やお金を投資した甲斐があった〜!」につながってもらえるように。

         

         終了後、オーバーワーク気味にはなりますが泥臭くとにかく真摯に、今後もセミナー業務に取り組んでいきたいと思います。

         

        それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

         


        << | 3/317PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
        姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
        弘田 雄士
        弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

        recommend

        成功する人の考え方
        成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
        加地 太祐
        WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

        recommend

        サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
        サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

        プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM