キャリアとしての仕事と家族のバランスとは

0

     「好きなこと」がスポーツ現場でアスリートをサポートすることからスタートしている人間にとっても、キャリア形成は大切な要素です。

     

     家庭を持ち子供ができていけば、養育する責任もありますから余計にキャリアプランも重要性を増します。だからこそ、自分の経験値やキャリアを上げてくれるであろう仕事のチャンスと家庭とのバランスはとてもデリケートな問題。

     

     二者択一ではないけれど、比重は考えなくてはいけないこの問題。その比重も、子供の年齢や人生のタイミングによって大きく異なるんだろうなぁ、というのが今の私の結論です。

     

    スタートは礎となるキャリアを積み上げる時期
     好きなことを仕事にしようとした人間こそ、スタート10年ほどのキャリア形成は必死に積み上げるべきでしょう。自分のやりたい方向性や強みをしっかりと見極めて、短期的なゴールから逆算。そのゴールに近づくためにはどんなアプローチをしたらいいのか、を戦略的に考えていく必要があります。

     

     トレーニングでいうところの基礎筋力と同じように、土台の部分を高く大きくしておくことは将来の自分の可能性に直結する問題。この時期はとにかく圧倒的な量をこなし、自分の礎となるキャリアを創っていきたいですよね。


    これまでの道筋をレビューし自分の価値観を再確認する時期
     ただガムシャラに上を向いて、というところの次の段階。今までの道程を振り返り「自分にとって重要なこと」を再度考察する、という時期。これもまた「好きなことを仕事にした」人間にとって避けて通れないでしょう。

     

     人によって10〜20年とスパンは違えども、この時期の必要性を感じつつも避けて通るのは危険。望まずとも職場やチームから契約が打ち切られることもありますし、自分の体力的・技術的にもしんどくなることがあるはず。

     

     そこに対応するだけの心構えは必要です。それなしでは有事の状況で何をしたらいいのかわからなくなってしまいますから。実際にそういった専門家の人を、今まで数え切れないほどみてきましたしね…。

     

     私自身も今この時期にあるのだろうなぁ、と感じています。楽しいしやり甲斐があるけれど、20代の頃からの戦い方ではずっと続けていけません。商品としてのニーズも賞味期限も、買い手であるチームや企業からは微妙に変わってきていますし、何のために働いていくのか、を再設定すべきタイミングなのだと思います。

     

     重圧に感じるようなことではないですが、家族に対する責任もより強まってくる時期と重なります。とにかく自分のキャリアを積み上げて前へ、上へ、と頑張っていくこと≒家庭を守ることではなくなってくるタイミングなのではないでしょうか。

     

     なかなか答えは出ない難しい問題ですが、半ばフリーランスとして働いてきた今、私自身は今までと比重を変えていこうと考えています。

     

     義務感や逃避ではなく、ごく自然に生まれてきた感覚。社会人となり仕事をしてきてから、今のモードになったことはなかったのですが、これもまたタイミングがあるのでしょう。結婚15年目、中学2年生と小学6年生の二人の娘たちといつもその二人を中心にして育ててくれている妻。

     

     比べられるものではない大切なものを、きちんと大切に。将来自分が「もっと〇〇していれば良かったのに…」と後悔しないようなライフスタイルを選んでいきたいなぁと考えています。

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    歯を定期的にチェックした方がいい多くの理由

    0

       先月まで5年振りに歯科医に通っていました。所属チームの監督から「あそこはいいですよ!」と勧めていただいた景色の素晴らしい歯科医。

       

       ここで銀歯で詰めていた部分が虫歯になったものを、再度治療してもらっていたんです。虫歯の治療に行っているので、ちょっと矛盾はあるのですが、担当の歯医者さんに「歯肉がキレイですね」と褒めていただきました。


       久々に治療を受けると改めて感じる歯の大切さ。きちんと歯を管理していかないとな、と思っています。

       

      歯周病の恐ろしさ
       定期的にチェックしているヘルスプレスのウェブ記事はシリーズ的に歯周病のリスクを啓蒙した記事を載せています。

       

       糖尿病やアルツハイマー病、関節リウマチなど。数え上げたらきりがないほどの病気や症状に歯周病が関連しているという事実、ご存知ですか?これ、怖いですよね…。

       

       身近に行うべきものは、やはり歯間ブラシやデンタルフロスを使った掃除。歯ブラシだけでは歯石やプラークを予防し歯ブラシの効果を2〜3割アップさせる効果があるそうです。

       

       私もなかなか毎日は行えませんが、休日に必ずフロスを行う!とルーティンを決めて頑張っています。定期的にデンタルフロスを使うことで、出血やイヤな臭いがある場合、歯肉が炎症を起こし歯周病になっていることを早期発見できる、ということも聞き、せっせと行っています。

       

       目と歯から衰えていく、と言われている40代。皆さんもぜひ歯磨き+歯間ブラシorデンタルフロスの習慣をつけていきましょう!

       

      今後費用が下がってくればポピュラーになるかもしれない予防法
       新たな虫歯と歯周病予防としては、面白い方法が紹介されていました。

       

      それがコチラ→ 除菌で虫歯と歯周病を予防する「3DS」〜薬を塗ったマウスピースを5分間はめるだけ http://healthpress.jp/2017/02/post-2816.html

       

       高血圧や動脈硬化が改善された例もこの3DSで報告されているんですよね。現実的にネックになるのはやはり費用。現在は6〜18万円とちょっと通常では手が出しにくい値段です。

       

       それでも歯周病予防が生活習慣病の予防にもつながることがもっと認知されてくれば、費用が徐々に下がり広がりをみせてくる可能性もあるでしょう。今後の動向を注視していきたいですね!

       

       

      それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

       


      スポーツ現場のスタッフに「憎めない人」は要らない

      0

         愛嬌があって憎めない人。そんな人いますよね。私自身、何となく苦笑いをしてしまい結局許してしまう… そんな友人や知人はいます。

         

         しかしスポーツ現場のスタッフに限っては「憎めない人」は要らない。こういった人材は「人災」になるだけだと思っています。

         

        無邪気と無能は紙一重
         了見が狭いなぁ、と自分でちょっと落ち込むこともありますが、アスリートスポーツの現場は戦場。ここに「憎めない」タイプの人はいてほしくないんです。

         

         自分自身は仕事中のモードONになると、普段と雰囲気もだいぶ変わってしまっているようです。プライベートを知っている友人たちからは、「何か思い詰めているというか、声をかけづらい雰囲気だった」と言われたりしています。

         

         とにかく選手やチームの雰囲気を弛緩させたくないし、集中力を失わせたくない。その気持ちが強すぎてピリピリして見えて、選手に気を遣わせては本末転倒ですが、どの位置に立ちどういった振る舞いをすればいいのか、いつも考えています。

         

        だから悪気はないのでしょうが「無邪気なスタッフ」に腹が立って仕方がないんですよね。

         

         innocenseという英単語がありますが、あの言葉の持つニュアンスって意外と知られていません。「純粋無垢」という意味よりも、「空気が読めない」、「無能」といった響きが強いんです。

         

         私のイメージでは、こういった人たちはたいがいイノセントです。悪気はないからタチが悪い。選手以上に大きな声を出す。今何が必要で自分はどう立ち振る舞うべきか、という視点がない。

         

         どちらかというとそんなにいろいろ求めるんだったら、何をしたらいいか教えてよ、という姿勢です。

         

         そうなってくると与えられたタスクに対しても無責任だし学ばない。だから同じミスを繰り返します。こんな人がチームの中に紛れ込んだら、本当に不幸。

         

         チームの生産性が高まらないどころか、×0.75とかの働きをしていることになるからです。そんな「人災」の影響を受けたくないので、ごく稀に遭遇するこういった方とは一切お付き合いしないようにしています。

         

         最低限の挨拶、必要な事項以外、話すことはなし。社会不適合者であっても、不器用な自分に必要なテクニック。自分の子供たちには見て欲しくないですが、現場での余裕はゼロなので今後もこの部分は変わらないのだろうなぁ…。

         

         同じようにスポーツ現場に携わっているトレーナー業の方は皆さん、どうしているんだろう?私の周りには上手に「受け流し」て業務を行っている大人なスタッフばかりなので、「自分は大人げないな…」と思うもののどうにもならないんですよね…。

         

         結局ただの愚痴みたいになっちゃいましたが、本日はちょっと極端な自分の思想について書いてみました。

         

         

        それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。


        << | 2/351PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 選手の不平不満を聞くのも大事なコミュニケーション
          匿名 (09/20)

        recommend

        姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
        姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
        弘田 雄士
        弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

        recommend

        成功する人の考え方
        成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
        加地 太祐
        WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

        recommend

        サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
        サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

        プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM