増える仲間、巣立つ仲間

0
     Thank you for visiting here!

     4月も後半に入り、新しいスタートにも慣れたころ。所属する近鉄ライナーズにも大卒3選手が加わり、まだまだ戸惑いながらも少しずつチームに溶け込んできています。そして3月末を持って元の所属先を離れた知人たちの様子も、フェイスブックなどのSNSを中心に公開され、違う環境でまた挑戦を続けている様子がわかります。

     ディレクターとして携わっている、タチリュウコンディショニングジムにおいても、長く熊取店の院長や店長を務めた、寺岡祐助氏が退職。晴れて母校、関西医療大学の保険医療学部教員として4月から教壇に立っています。
    http://www.kansai.ac.jp/course/teacher/medical/post_44.html

     共に施設内で時間を多く過ごしていた仲間が、大学教員として生徒たちに教えている、というのはちょっと違和感はありますが(笑)、これもまた喜ばしい事。

     関わっているジム施設や治療院、そして所属するチーム、どこでもそうなのでしょうが、自分の望むキャリアや積みたい経験、そして働いてからの心境や環境の変化。これらの影響により新天地でチャレンジしたくなることは多くなると思います。最初に勤務したその地が結果的に最適なこともあれば、2度、3度と環境が変わることにより、自分のやりたかったこと、得られたものが実感できる、という事もあります。

     転職が必須ではなく、かといって、同じ所で働き続けるのが安全志向というわけでも断じてない。要は自分の心持ちなんですよね。長く同じところで働く機会があっても、同じ一日はないわけで常に緊張感と日々学び、吸収するんだ!という気概は絶対必要。そして職場が変わったとしても、自分の信念や想いは変えてはいけないし、変わるわけはないのでしょう。

     タチリュウジム熊取店に行った際に、当たり前にいた寺岡氏に会えないのは少し寂しいですが、これも施設や彼自身にとって、一つの成長の証。機会があればお土産を持って、関西医療大学の彼を訪ねたいと思います!

     
     
     それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。 

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM