スポーツ現場の緊張感は劇薬だから冷静すぎるぐらいの俯瞰した視点を大切に

0

      わずか1年でトップリーグに返り咲いたNTTドコモとの関西ダービー。トップリーグ2017-18の第五節は大阪の万博記念競技場で行われました。

     

     短い時間で2トライをあげリードして折り返した前半戦でしたが、終始ミスの多い展開で最終的には逆転を喫し21対31での敗戦。悔しく心底痛い負け。この試合に向けてライナーズとして準備していたものが出せませんでした。


    スポーツ現場は刺激的だからこそ
     トップレベルのスポーツ現場でストレングス&コンディショニングの専門家として携われていること。本当に幸せで且つ刺激です。

     

     でもトレーナー業としてアスリートスポーツのど真ん中で仕事ができるのは、実は劇薬でもあるんですよね。

     

     今回の対NTTドコモ戦も試合が終わった夜は悔しいうえに感情が高ぶって、夜中まで寝付けず。真っただ中のときには、勝ったり負けたりのこの感情の波が苦しいもの。けれど、一度離れるとこの興奮がまた恋しくなるものなんです。

     

     経験したことはないですが、禁断症状を伴う劇薬である非合法ドラッグはこんな感じなのかもしれません。

     

     だからこそ熱い気持ちと共に賢い感情コントロールは必須。ブワーッと集中し興奮している頭の片隅で、どこか俯瞰して勝負に翻弄されている自分をみつめているような視点。

     

     こういった感覚も持ち合わせていないと、「現場バカ」になってしまうぞ!という危機感を持ってグラウンドに立つようにしています。


    ここからの4戦が正念場
     今回の公式戦では、3人ほどが負傷から交代をしました。怪我人も徐々に増えてきており、毎週試合がある直近1か月が正念場となりますが、気持ちを切り替えてベストの準備をしていきます。

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.07.03 Tuesday
      • -
      • 10:22
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
      姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
      弘田 雄士
      弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

      recommend

      成功する人の考え方
      成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
      加地 太祐
      WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

      recommend

      サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
      サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

      プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM