モビリティやフレキシビリティを考えるなら不活動の時間を短く

0

    Thank you for visiting here!
     北海道キャンプも折り返し地点。昨日はムシムシした天気の午前練習を終えると一気に天気が崩れ雷が鳴りだし…3時間ほど猛烈な雨が続きました。

     

     3日前は35℃を越えていた最高気温が本日の最高気温予想は18℃。半分かよっ!!と突っ込みたくなりますが、ラグビーの試合をするにはいい環境のはず。

     

     今年は気まぐれな天候にちょっと振り回されている感がありますが、強豪ヤマハとの練習試合、風邪を引かないように上着を持参しつつ行ってまいります!

     

    不活動時は意識的に時間を区切る
      この北海道キャンプ直前の週末、新幹線で帰京した後、飛行機で大阪に戻りました。中一日おいて乗り継ぎを含めたフライトにて北海道まで到着。

     

     高速運転を1日中続けたときと比べるとマシでしたが、やはりその後2日間ほどは古傷の右膝や動きの制限が出やすい左肩は今一つ。

     

     ウエイトトレーニングは避けて、裸足での芝生の上のウォーキングやバイク、ごく軽めのジョグなどを選択しました。

     

     モビリティとかフレキシビリティを明確に定義しなくても、やはり同じ姿勢を長時間続けることは人間にとって不自然なんですよね。キャンプ中の今も一度自分の部屋の椅子に座りパソコンの前にて作業をすると、平気で1時間ほど同じ体勢になっていることに気がつきます。

     

     私はこの対策として、スマホで25分毎に小さな振動が起こるようにセッティングし(以前紹介したポモドーロテクニックのアプリを利用して)、意識的に時間を区切る工夫をしています。

     

     そこでとにかく立ち上がる。

     

     水を飲みに行ったり、トイレに立ったり、ベッドで大きく伸びをしたり。きちんとしたストレッチをする方がより効果的ではあるでしょうが、とにかく自然に動かす、ということが結果的に体が硬くなってしまったり、関節に痛みを感じたりした後に慌ててストレッチやトリートメントを受けるよりもはるかに簡単。

     

     自分へのハードルを下げて、できるだけこまめにじっとしている時間を減らすこと。このポイントを心がけています。徐々に身体に染み込んで完璧に習慣化されたらいいですよね。

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 選手の不平不満を聞くのも大事なコミュニケーション
      匿名 (09/20)

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM