北海道の暑さに思う温暖化とスポーツの関係とは

0

    Thank you for visiting here!
     こればっかりはお天道様の決めることなので仕方がないのですが、今年の北海道は北見市キャンプ。連日の猛暑でだいぶ気圧されています。

     

     NECとの練習試合も14時からで気温は35℃。幸い重度の熱中症の選手などは出ませんでしたが、グラウンド脇で直射日光を浴びているだけでも、相当体力を消耗するのがわかりました。

     

     フル出場は一人もいなかったのですが、この炎天下で全力でラグビーを行った選手たちの疲労度も半端なかったようです。

     

     試合は最後に見せ場を作ったものの、24対20で競り負け。プレシーズンを含めてなかなかチームの勝利に結びつかないのは不安ですが、内容は悲観するようなものではないので、とにかく出てきた課題をしっかりと潰していってもらいたいと思っています。

     

    リカバリーで訪れた小学校のプールにて
     昨日は午前中に選手全員で近所の小学校へ移動。30分ほどのプールリカバリーセッションでした。雪が頻繁に降る北海道らしく、プールはビニールハウスのように囲まれているのですが、今年に関してはそれゆえ信じられないような暑さに!

     

     

    …はい、50℃です。普通にミストサウナぐらいの感覚はあり、室内に入り2〜3分で汗だくに。


    「この暑さを表現して!」と無茶ぶりすると、照れくさそうにポーズを決めてくれたストレングスコーチのルイス・ダリモアがこちら。

     

     実際のセッションが始まると、あまりの暑さに外に逃げちゃいましたが…(笑)。

     

     キャンプ時期だけを捉えれば、「今年の北海道は暑かったよな〜」という思い出話で済むのですが、世界全体のこの温暖化傾向。スポーツの世界での影響も計り知れないよな〜、とリアルに心配になってしまいました。

     

    3年連続で世界平均気温を更新中という事実
     昨年2016年は世界平均気温が過去最高。しかも2014、2015、2016年と3年連続して記録を更新しているというのはご存知でしょうか。

     

     昨年はエルニーニョ現象が続いたことの影響も示唆されていましたが、やはり大局的にみると、主な要因は世界的な温暖化と温室効果ということになるようです。

     

     今年の北見市の暑さが気になって、7月上旬の北海道の最高気温の平均をみて愕然としました。データは札幌市のものだったのですが、平年は23.7℃が平均だったのが、今年は28.0℃。

     

     これでは8〜9月になっても酷暑の夏になるのは間違いなさそうですね。

     

     昨日東京の秩父宮で行われていたサンウルブス対ブルーズ戦。快挙となる勝利をもぎ取りましたが、ブルーズ側からするとピッチ上は35℃の気温というのも大きなハンデになっていた気がします。

     

     今後ラグビーやサッカーのようなフィジカルコンタクトのある基本冬のスポーツも、マラソンのような持久系スポーツもこれだけ
    気温が上昇すると、それに伴うコンディショニング不良が懸念されますよね。

     

     根本的な解決策は難しいですが、運営上の問題と折り合いをつけながらもナイター開催を中心にする、湿度と気温が一定以上であれば試合時間を短縮するなどといった工夫は今後必要になるかも知れません。

     

     ずっとその危惧が謳われてきたものの、遅々として進まなかった地球温暖化問題。本当に皆がこの問題を真剣に考えなくてはいけない時期にきているのではないでしょうか。

     

    そんなことを考えた半日OFFの午後でした。

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM