スポーツ動作を見ていたらわかること

0

    Thank you for visiting here!
     6月末の1週間のオフ期間。小学六年生の次女のサッカー応援に終日いっていたときのこと。前後半15分ずつの30分x3試合。小学生にはなかなかハードな日程だったのですが、エースストライカーの選手の動きが今一つ。

     

     父兄の中には「何で最後まで走らないんだ!手を抜いているんじゃないか?」といった声もあがっていましたが、それはご愛敬。普通に見ていても、ストップ動作からの切り返しで左足、それもリフスラン関節あたりの痛みが出ているのはすぐにわかりました。

     

     場所が場所だけにオーバーユースによる疲労骨折などの可能性もあるので、試合間の昼休みにその選手に声をかけると、驚いたように「どこが痛いのかまでわかるの?」と言っていました。

     

     おじさん一応プロだからね〜、ただそれがわかっても治せるか、どうトレーニングしたらいいかがわかるかは別問題なんだよ〜、とリアルに答えておきました(笑)。

     

     自動、他動運動、抵抗時の痛みなどからそれほどひどいものでないことは推察されたので、近所の信頼できる治療院を一応紹介しつつ前足部のリハビリ運動だけ指導したのでした。

     

    ただ見るのではなく「観察」していればわかってくること
     得手不得手はあるものの、ものすごい量のスポーツ動作を集中して見るようにしていれば、その選手の動きの癖や違和感、ある種の感覚までおおよそ理解できるようになります。

     

     この感覚は必須ではないかも知れないけれど、現場で選手が理解してもらいたいこと、伝えたいことはこういった感覚そのものなんですよね。

     

     このことをおざなりにしていては、選手が発する独特の表現や言い回しが全くわからないし、結果選手からの信頼を得られないわけです。

     

     だからこそ、スポーツしている動きや動作を「見る」のではなく「観る」、「診る」ようなつもりでないといけないなぁと考えています。

     

     ときおり若いトレーナーから「このスポーツは経験がないし、少しでも理解できるように勉強中です。」と言った言葉を聞くことがありますが、弘田自身はこういう発言には正直違和感を感じます。

     

     本当に理解しようと思うのであれば、そのスポーツの勉強というよりも、とにかく運動の動きを観察する数を増やし量を蓄積すること。

     

     どのスポーツであれ、その選手が本来できるであろう動きや気持ちよく体を使えるイメージが映像としてわかるようになれば、すべきことの手がかりは充分つかめるはず。

     

     そんな風に考えているからだと思います。

     

     いろいろなアプローチがあるとは思いますが、弘田自身は実際のプレー中の動きを見て、ある種の「あるべき姿」が推察できていないと、その後の実践的なスクリーニングやアセスメントの精度はあがらないんですよね。

     

     まずは頭から煙が出るほど集中。先入観を持たずに真剣にスポーツ動作を観察すること。シンプルですが、大事なのだと思っています。

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM