ストレッチは時間の長さよりも頻度を意識して

0

    Thank you for visiting here!
     弘田がトレーニングやコンディショニングを学び始めた20数年前は、静的ストレッチ全盛期。練習前にはストレッチ、練習中にもストレッチ、練習後にもストレッチ、という時代でした。

     

     そこからアスリートレベルでは、プレー前の過度な静的ストレッチはパワー発揮を阻害するという当時の現場にとっては衝撃的な研究結果が発表され、一気に静的なストレッチの意義は疑問視されるようになったんですよね。

     

    少なくとも練習中の静的ストレッチは有益
     これ、「赤ワインは健康にいい」、「バナナだけ食べていたら劇的に痩せる」といった情報の伝わり方と同じように「静的ストレッチはデメリットばかりでする必要がない」といった風潮になっていっては、あまりにも情けない話ですよね。

     

     静的ストレッチは柔軟性を確保するには間違いなく効果があります。まずはこういった本質的な部分を押さえておく必要があるでしょう。

     

     練習直前ではなく、定期的な静的ストレッチは僅かではありますが筋力向上に効果がある事も多くの研究結果が示していますし、
    静的ストレッチのいい部分もたくさんあるんですよね。

     

     個人的には、静的ストレッチが最も効果的なのは練習中だと考えています。練習メニューが切り替わる間、選手間での打ち合わせのとき、打撃練習の自分の出番の直前。

     

     10秒〜30秒程度のちょっとしたスキマ時間に、必要なストレッチをサッと行う。静的なストレッチであれダイナミックなストレッチであれ、まとめて長時間行う、というよりも、ちょこちょこと行い高頻度を心がけたほうが効果が高い、というのもここ数年のリサーチで多く結論付けられている部分。

     

     例えばスキマ時間に股関節周りの2種目のストレッチを実施。これを2時間の練習時間のスキマ時間ごとに行えば、8〜10回は行えるでしょう。

     

     ストレッチタイムとしてまとめて時間をとっても、1日に同じストレッチを10回行うことはまずないはず。ちりも積もれば山となるわけで、このアプローチは効果的です。

     

     また別の観点からみた場合、限られたアスリートの時間をできるだけ内容の濃いもの、効果的なものにしてあげたいですよね。

     

     そういった観点からもグラウンドに立っているとき、ジムでのトレーニング時、スキマ時間に時間を無駄にすることなくストレッチを行う習慣をつけさせる。

     

     なかなか徹底させきれない部分ではありますが、この辺りは才能は関係なく、どれだけ選手にリマインドし喚起できるか、という教育の部分であり大切ですよね。事あるごとに呼びかけをして、この文化を育てていきたいと考えています。

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.07.03 Tuesday
      • -
      • 05:36
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
      姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
      弘田 雄士
      弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

      recommend

      成功する人の考え方
      成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
      加地 太祐
      WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

      recommend

      サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
      サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

      プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM