専門分野で「速く・深く」進むために異業種から学べること

0

    Thank you for visiting here!
     大阪に来てから専門とは違うコミュニティに参加し学んでいる、ということを以前書きました。プロとして仕事を行いその対価としてお金をいただく、という能力の掛け算を求めて、こういった投資をしているんですよね。

     

     そしてもう一つの大きなテーマが「異業種で得た新しい学びを自分の専門分野に『置き換える』」というものなんです。

     

    センス抜群の同業種の猛者たちと渡り合うために
     弘田が生業としているスポーツトレーナー業界。必ずしも同業種のメンバーが少ない椅子を取り合う敵というわけではありません。それでも彼ら、彼女らはライバルであるのは間違いないわけです。

     

     弘田よりも経験豊かな人、学習能力の高い人、運動センス抜群の人。知れば知るほどそういった猛者はたくさん存在するんですよね。

     

     こういったメンバーに全ての要素で勝つ!というのは目的ではないし不可能。それでもこの業界のプロとして、同業種の実力者たちから一目置かれる存在である、ということ。弘田にとってこれはめちゃくちゃ大切であり意識していることなんです。

     

     「弘田は交わる価値がある専門家である」という認められ方ができるかどうか。それがこの業界で「長く楽しみながら働いていくために」必要不可欠なだと肌感覚で感じているのだと思います。

     

     だからこそ成長スピードは大切。周りのトップレベルのトレーナー陣がしているような研鑽やインプットは当然行うものですが、それでは間に合わないのではないか、という危機感は常にあります。

     

     そこである種の戦略として弘田が今心がけているのが「異業種を知る」ことなんです。

     

    「置き換え力」を高めて、速く深く進みたい
     同じ業界の中にだけとどまっていると、思考やアイディアがどうしても狭く偏ってくる。

     

     もともとフロンティアスピリッツにあふれた人物やクリエイティビティに富んだ人には簡単なことかもしれませんが、その環境から抜け出しておかないと創造性の高くない弘田などはすぐに「染まって固まってしまう」危険性があります。

     

     同業界の常識が、異業種での非常識ということは多々ありますし、全く違う発想が常識やシステムとして確立されている分野もあるでしょう。

     

     「全く違う世界の話」として聞き流すのでなく、置き換え力を高めて自分の頭で考えてみること。

     

     これは習慣化してしまえば想像力や発想力がなくても誰にでもできることのはず。そして置き換えから得たヒントは、同業種の中だけで必死に議論したり努力したりするものよりも、はるかに強力な酵素となり得ると実感しています。

     

     専門分野をもっと「速く・深く」進むために、一見寄り道のように見える異業種を知ること。今後もこの姿勢は崩さずに、商品価値の高い人財に近い人材になれるように工夫していきます!

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM