リーダーに求められる最大の役割とは

0

    Thank you for visiting here!
      今まで様々な形でリーダーや監督のもとで仕事をしてきました。 自分自身の最も欠如している素養は「協調性とリーダーシップ」と自覚している弘田。

       

     そんな自分にリーダーについて偉そうに語れることはありませんが、今までの経験から、リーダーに求められる最大の役割については確信的な結論を持つに至りました。

     

       その役割こそが「決断すること」です。

     

    ボビーバレンタインという監督
       社会人として日本で仕事をスタートさせて2年目。所属する千葉ロッテマリーンズにボビーバレンタイン監督がやってきました。ボビーは選手にとっては素晴らしい監督だったと思います。コミュニケーションを大切にし一人ひとりの性格を把握し、個々の持っている力を最大限に引き出す能力に長けていました。

     

     半面、コーチやチームスタッフには非常に厳しい監督でもありました。曖昧な部分を許さない。とにかく疑問に思ったり改善点が浮かんだら徹底的に追及するのがボビーのやり方でした。

     

     こちら側もそれまでの日本人監督のやり方では通用しないことが数カ月でわかりましたから、徐々に「バレンタイン監督が求める情報」というのを先回りしてまとめて相談したり、データとして報告するようになったんですよね。

     

     そんな先読みに遭遇すると、ちょっとびっくりしたような顔を浮かべた後でニヤッと笑ってウインクする。「お、わかってきたじゃないか。そういうことだよ…」そんな雰囲気。嬉しい反面、一瞬たりとも油断できないな〜、と背筋が伸びるような思いをしていたものでした。

     

    最終決断こそリーダーの仕事
      合計6年間、ボビーバレンタイン監督の下、同じチームで働く機会を得られましたが、徐々に信頼してもらえるようになっていったと思っています。

     

     年に数回、厳しい指摘や要求がありましたが、どの状況でも一貫して助けられていた部分があります。


     それが「これはお前に任せることに決めた。他の立場の人間が何を言ってもベストと思う判断をしなさい。俺からそうしろと命令されたと言えばいい。」 という指示。タスクを任された際には、報告やデータは根掘り葉掘り聞かれるもののボビーが一度納得すれば必ず決断してくれたんですよね。

     

     弘田が関わっていたトレーニングやコンディショニングの部門は大切なものですが、技術コーチやアスレティックトレーナーなどとの関係が非常に難しい部門でもあります。トレーニングの導入やボリュームのコントロールに関して、こういった部門からの意見や衝突も往々にして起こりがちです。

     

     そんな中にあって、ある種「監督の一存」という決め方を常にしてくれる。もちろん弘田の意見が全て通るわけではありませんでしたが、その際にも「俺がこう決めた」の一言があるわけです。

       

     技術コーチであれ、チーフトレーナーであれ、ヘッドS&Cコーチであれ、当たり前ですが立場上最終決断はできないわけです。そんな中でリーダーが玉虫色の決着をつけることで「決断を放棄」してしまうと、やり切れない思いばかりが残ってしまうもの。

       

     決めるための徹底的なディスカッションを行う。そして決める材料がそろったら迷わない。迷いや曖昧模糊な態度は自信のなさを露呈することとなり、組織がバタバタと浮き足立ち始める可能性があります。

     

     だからリーダーの一番大切な役割は「責任を負って決断すること」なのだと思っています。

     

    自分は果たして「決断」できているか
       家庭では父の役割を担う自分。普段いれないからこそ、話し合いこそするものの大きな決断は妻に任せずに必ず自分で決めるようにしています。

     

     別に亭主関白を気取る気はないのですが、ただでさえ一人で子育ての責任を感じている妻に責任を負わせないためです。家族の中ではリーダーとして、その役割を曖昧にせずに果たしていきたいと思っています。

     

     議論を尽くし納得したら最終決断はリーダーがすべき。それはイコール責任を取ることとなり、迷わずにその役割を果たしてくれるからこそ、部下や仲間はリーダーについていくのでしょう。

     

     あなたのリーダーは決断をしてくれますか?そしてあなたがリーダーであるならば、迷わずに勇気をもって決断できていますか?

     

     リーダータイプでは全くない弘田ですが、「我が事」としてこの自問自答を忘れないようにしたいと思っています。

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM