浅田真央選手引退の知らせに思うこと

0

    Thank you for visiting here!
     長年日本女子フィギュアスケート界を引っ張ってきた浅田真央選手が自身のブログで現役引退を発表しましたね。

     

     小学校6年生から頭角を現し、小さな体を生かしてトリプルアクセルを武器に世界の舞台で戦い続けた彼女。2010年のバンクーバーオリンピックでの銀メダルをとった演技は、長年携わってきたプロ野球の世界から離れ、新天地でもがいていた自分も心底勇気づけられました。

     

    早熟型であったであろう浅田選手が教えてくれたこと
     そんな大スターだった浅田選手ですが、成人してからのパフォーマンスに関しては苦しみの方が多かったのかもしれません。新体操や水泳、フイギュアスケートの世界は一般的に早熟型が有利なスポーツではあるでしょう。しかしその中でも浅田選手は、身体と神経系の成長の足並みが揃わずに苦労しているような印象を受けました。

     

     彼女の競技人生の後半のパフォーマンスに関してメンタル面での課題などをクローズアップするような記事を見ることもありましたが、そういった短絡的な見方ばかりでは日本のスポーツ界の育成に関して進歩がないと思います。

     

     技術コーチや我々のようにトレーニングやトリートメントに関わるトレーナー陣が、個人の個性に従って適切なプログラムを包括的に実践していくこと。

     

     文章にするほど簡単な事ではないのは重々承知ですが、これから更に少子化が進む日本において、アスリートスポーツの分野で進化していくためには、こういった文化を創っていく必要があるでしょう。

     

     そのためにも各専門家が今までの文化や経験則だけに頼らず、常に危機感を持って学んでいく必要がありますよね。

     

    国民に愛されたスターのセカンドキャリア
     弘田のようなS&C業務に携わる人間にとって、いろいろな気づきをくれた浅田真央選手。日本だけでなく世界の多くの人々に勇気や力を与えてくれたのは間違いないですよね。

     

     前職で共に働いていた某管理栄養士も、浅田真央選手が好きすぎて彼女のポスターを職場の壁に貼り付けていました。目を輝かせて「真央ちゃんのスマイルに癒されてまた頑張ろう!って思うんです〜!!」とよく言っていましたが、そんな気持ちにさせてもらっていた人は星の数ほどいるはずです。

     

     まずは少しスケートリンクから離れて、自分と競技としてのフィギュアスケートを俯瞰的にみられるようにゆっくりしてもらいたいもの。その上で、国民中を幸せにしたスターの一人として、華やかでなくても充実したセカンドキャリアを積んでいってほしいですよね。

     

     現役時代よりも長いのが引退後の人生。そしてセカンドキャリアこそ難しいのが日本のアスリートスポーツ界の現状。

     

     浅田選手の周りにいる大人たちは、現役時代のときより一層、厳しく優しく彼女に接し20代後半の女性として自立していけるようサポートしてもらいたいです。

     

     引退後の浅田選手が、現役のとき以上に生き生きと充実したセカンドキャリアを積んでいければ、多くの現役選手の一つの道標になるはずですから。

     

     マスコミやメディアがしばらく彼女を放っておかないでしょうが、今まで色々なものを背負って戦ってきた浅田真央選手が彼女自身のために、笑顔で生きていけるように。

     

     勝手にお父さんのような心境で(笑)これからも応援していきたいと思います。長い間、本当にお疲れ様でした。

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM