トレーナー業に関わる人間として年上の選手とどう接したらいいか<後編>

0

    Thank you for visiting here!

     昨日から年上の選手との接し方とちょっとしたテクニック、という話をしています。

    それがコチラ→http://yujihirota.jugem.jp/?eid=1136

     

    可愛がられる必要はない
     スポーツの世界において一つでも年上であれば、とにかく失礼がないように敬意を表して接するのは当然のこと。良し悪しの問題ではなく、日本の文化としてもいいことだと弘田自身は感じています。

     

     ただ殊更に可愛がられる必要はないのではないでしょうか。緊張感を持ち専門家として現場に立っているのであれば、その時期に気に入られたり可愛がられるのは悪いことではないものの、実はプラスではないと思います。

     

     年上の選手に関していえば、チームを離れたりその選手が引退した後、食事に誘っていただけるようになったり連絡を取り合えたり、ということがあります。まずは少し距離感があったとしても、しっかりとしたプロ意識のある高い専門性を持った人物、という評価を得ること。期待値以上の能力を発揮し認められることが本筋ですよね。

     

    先輩スタッフに対して
     似た問題として先輩スタッフとの付き合い方もありますよね。一度「誘いやすく可愛い後輩」というポジションになってしまうと弊害は多いです。

     

     プライベートでも誘われて自分の時間がなくなったり、自分自身のけじめがつかなくなっていく…消化しなくてはいけない仕事が
    残っているのに、連日誘われて睡眠不足が続く… こんな若手たちを本当に数多くみてきました。

     

     お付き合いをないがしろにしろ、というわけではありません。弘田のように「誘い甲斐のない可愛くない新人」という評価になると、それはそれで確実に弊害も多いのは経験上、断言できますから(笑)。

     

     1〜2回はありがたくお付き合いをさせていただき、度を越したお誘いは「ごめんなさい…」と断るテクニックを身につけたいものですね。

     

     その中で「この人の話は是非聞きたい!吸収したい!!」という先輩を見初めることもあるでしょう。その場合は、勉強の時間だと認識して100%吸収すべく貪欲に『つるませてもらう』べきでしょう。

     

     それ以外の先輩でたびたび業務後のお誘いをする人たちがいるようであれば、最初が肝心。この人たちに魅力を感じず有益でないのであれば、理由をつけて断り続けましょう。仕事を終えて隙あれば遊びに行きたい!というスタッフに引っ張られるほど、無駄な時間はありません。

     

     そんなスタッフほどチームに長く在籍しリリースされない、というのが悲しい現実ではありますが、自分の好きなことを仕事にしたい!と思い現場に関わっているのであれば、一線を画す覚悟が必要です。

     

     誰からも好かれる必要はないのですから…。

     

     ちょっと長くなりましたがいかがでしょう?弘田のような偏った交友関係の人間のいうことは参考にならないかもしれませんが、八方美人になって自分の大切な芯がぶれないよう、心掛けてほしいですね。

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM