トレーナー業に関わる人間として年上の選手とどう接したらいいか<前編>

0

    Thank you for visiting here!

     少し下の世代の現場に携わるトレーナーやS&Cコーチから多く聞かれる質問が「年上の選手にどう接したらいいか悩んでいます。」といった類のもの。

     

     もっと専門知識に関わる事を聞いてくれるかな〜、と思っていてもこういった質問の方が多いんですよね(笑)。キャリアの前半、自分自身が若い時には必ず通るこの悩み、弘田なりの考えをまとめてみます。

     

    年下や同学年との関わり方こそ要注意
     年上の選手との関わりを良好かつ「呑まれない」で過ごすための一番のコツ。意外かもしれませんが、まずは年下や同学年の選手への接し方で一線を引くことだと思います。

     

     彼らの高圧的な態度や妙に馴れ馴れしい「だれた雰囲気」を醸し出しているようでは、年上の選手から見て言いくるめやすい相手とみられてしまうでしょう。

     

     どの世代の選手にも一定の距離を取り、指示すべきこと、注意すべきことは行う。常に一定の緊張感を持ち、気配り・目配りをしている。こういった一挙手一投足は選手全てから感覚的にチェックされています。

     

     好き嫌いに関わらず学生時代に教室に入ってきた教師を見て、「あ、今日は機嫌悪いなぁ」、「何か雰囲気緩んでるぞ」とすぐに気がつきましたよね?ああいう感覚を我々に対して持っている、ということです。

     

     普段の在り方が重要になってくるんですよね。


    小道具もフル活用して
     それ、わかっちゃいるけどもっと具体的なテクニックないの?と思っている方もいるでしょう。絶大ではないものの効果のある小道具活用法を紹介しましょう。

     

     靴や時計、手袋などの小道具をちょっと高価なものにしたり、デザインを揃えるなどして「専門家らしい雰囲気」を演出するのがその一つ。

     

    上の画像、だいぶ格好つけていますが(笑)、戦略としてやっている部分がほとんどですからね…。

     

     屋外スポーツであれば、常にサングラスをかけておいて目を隠す、というのも有効。直接目を見せない、というのは相手にとって不平不満が言いづらく絡みづらい効果があるんですよね。

     

     こういったちょっとしたテクニックをフル動員するといいかもしれません。

     


    …思ったよりも長くなったので、この続きは明日のブログで更新したいと思います!

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM