手軽に圧迫しながら冷やせる&温める便利なツールを

0

    Thank you for visiting here!
     オフ期間中、姉夫婦のところに遊びに行った際の事。子供たち同士で遊んでいる中、我が家の長女が突き指。左手の第四指でしたが、外傷にはいつも過敏に反応する長女、ついつい「冷やすもの借りてシップをしておこう」なんて軽い感じで、応急処置。

     

     翌日起床した長女の指を見ると相当な腫れに。こりゃあ整形外科で検査しないと、となり結果的に剥離骨折が判明しました。

     

    圧迫しながら冷やすのは結構難しい
     きちんと見ないで痛い思いをさせちゃったのは申し訳なかったなぁ…と反省しつつも、今回の出来事で改めて感じたのは、怪我が発生したときに鎮痛・炎症を最小限に収めるために行うPRICES(プライシス)処置って一般家庭では難しいよなぁ、ということ。

     

     今回の娘のケースのように指先という末端であれば、挙上や圧迫といった要素の優先順位は下がりますが、太ももや肩などであればどれだけ初期でしっかりと圧迫や挙上を含めた応急処置が正しくできているか、で予後の回復状況も変わるでしょう。

     

     家にある氷やアイスパックを用意し、包帯でしっかりと圧迫を加えた固定をして、挙上位を取らせて、10〜20分のアイス、最低30分以上のレスト、再び10〜20分のアイス…という手順を繰り返すのは理論としてわかっていても、大変な手間ですよね。

     

     そんな経験をした私に興味深い記事を見つけました。

     

    それがコチラ→アイスパックよりも便利?再利用できるケア用ゲルラップ「Opus Gel」
    https://muster.jp/course/712/

     

     これ、何よりホットパック代わりとしても使用できて、圧迫が簡単にできるのが便利そうですよね。アスレティックトレーナーとしての専門機関でのカリキュラムを受けていない弘田は、アイシングの際のラッピングや固定、テーピングがびっくりするくらい下手くそなんです…

     

     そんな自分でもこれならば、ささっと処置ができそう。日本にも2017年5月には上陸するようなので、まずは自宅用に購入してみようと考えています。

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM