肩のトレーニング指導には運動感覚的なアプローチで

0

    Thank you for visiting here!
     特に野球選手へのトレーニング指導において、弘田が大好きなS&Cコーチの一人がエリック・クレーシーです。彼が提唱している方法で弘田が最近、野球選手へ指導する際に改めていいなぁと思うアプローチについてシェアしたいと思います。

     

    肩の動かし方を指導するのに最も効果的なアプローチとは
     野球選手に肩周りのエクササイズを指導するとき、90%以上が筋力そのものをあげるアプローチではなく、機能的動作を引き出したいときではないでしょうか。


     どんなアスリートでも、よりピンとくる学習スタイルがあるものです。主に3つのタイプに分類され、それが視覚優位なタイプ、聴覚優位なタイプ、そして運動感覚優位タイプとなります。

     

     視覚優位型はエクササイズのデモを見てすぐに実行することができるタイプ。

     

     聴覚優位タイプは、キューイングを聞くだけで望む運動やポジションを実行できます。

     

     運動感覚優位タイプは、そのポジションに実際におかれて、それがどのように感じるかを理解してから実行するのが最良だと言われています。

     

     肩周りの指導を行う際には、例え視覚や聴覚優位タイプであっても、運動感覚的なアプローチが最も効果的である。

     

     肩への戦略に関してエリック・クレーシーは自身のブログの中でもこう述べているんですよね。

     

     クライアントを実際に望むポジションにする、というのが肩甲骨の位置に関して彼らを指導する際、最も素早く容易に行えるであろうとしていて、その理由に関して2つ挙げています。

     

    仝甲骨は、殆どの人にとって馴染みがない特有の動き(特に上方・下方回旋、前・後傾)をもつ特有の骨であるため、聴覚優位タイプであっても理解しづらい。

     

    肩甲骨周りのドリルを行う際に、実際の肩甲骨の微妙な動きを見せるのは衣服の上からでは難しいため、視覚優位タイプに伝わりづらい。

     

     そのため、とにかくこちらが望むポジションに肩甲骨を誘導し、クライアント本人にその位置をキープしてもらい、その感覚を体験してもらうこと、を提唱しているんです。

     

     エリック・クレーシーのこの短いブログ記事を読んでから、弘田自身、肩周りのエクササイズ指導のアプローチにはほぼ運動感覚的アプローチのみ活用していますが、以前よりもクライアントの理解が速まっているのを実感しています。

     

     この感覚へのフィードバックとして、次の段階で動画や画像などで実際にどういった動きやアライメントになっているかを確認させる、というのが今現在のベストウェイのような気がしています。少し頭に留めてご自身の指導の際にも試してみてください!

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM