部活動指導員制度は機能するか

0

    Thank you for visiting here!
     久しぶりに大阪に戻ってきています。数日こちらで仕事をしてからまた埼玉に1週間ほど帰るという日程ですが、家族と離れての生活にはなかなか慣れませんね…。

     

     さて、ここ半年ほどの間で部活動を巡る問題に大きく動きがありましたよね。

     

    それがコチラ→「部活動指導員」を制度化 文科省、4月から http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H1A_U7A310C1CR0000/

     

     これは我々トレーナー関連業にとって、大事な時期の子供たちにとって嬉しいことなのか、機能するのか。現時点での弘田の考えを書いてみたいと思います。

     

    長期的な政策・利益のイメージがあるのか
     まず弘田自身の立場から言えば、1日3〜5千円と言われている報酬では「社会貢献」というやりがいはあってもメイン業務にすることはできません。これを柱にしては食べていけないですからね。

     

     施設からの派遣形態だとしても、一定の給与を社員に与えている会社側からすると自分たちの施設を利用してくれる、といった「合わせ技」が期待できない限り、メリットが少ないのではないでしょうか。

     

     現在、教員の手当にしても土日のみつき、1時間数百円という時給である現状を考えると、この報酬にしても精一杯のラインなのかもしれませんが、この条件では結果的に、実際に子供たちを預けるのに求める高い指導力や豊富な経験ある人材の確保は難しいと思います。

     

     文部科学省にこの制度により長期的な戦略やベネフィット、という観点があるのかどうかが焦点だと思うのですが、「部活動指導員」という制度化だけでは正直、大きな変化や状況改善にはつながらないのではないか、というのが個人的な所感です。

     

     以前このブログ内でも書きましたが、部活動の問題を解決するのであれば、近隣の学校を数校兼任してでも、プログラムや指導方針を確立する部活動ディレクターは別途必要だと思います。

     

    その記事がコチラ→部活問題を考える PART3 http://yujihirota.jugem.jp/?eid=1008

     

     それまでボランティアで熱心に指導して下さった教員の方との差別化を図るのであれば、専門的な知識や経験は必須ですから、統括する人材が絶対に必要なんですよね。

     

     もちろん少なからず今まで教員のみが抱えなくてはいけなかった部活動に関わる時間的拘束や精神的な重圧。これらを改善する一助にはなり得るかもしれません。

     

     手をこまねいて何も動きがないよりは喜ばしいのかもしれませんが、せっかくの新しい取り組み、より効果が期待できるような制度になったらいいのにな…と個人的には感じています。皆さんはどうお考えですか?

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM