「道具を大切にする」は日本のスポーツ文化の素晴らしさ

0

    Thank you for visiting here!
     WBC日本代表、残念でしたね。それでも今回の敗戦、責められるようなミスはなかったはず。小久保監督が仰ったように胸を張って帰国してほしいと思いますし、今回の結果を批判するような「野球好きな日本人」にはなってほしくないな、と感じています。

     

    当たり前の習慣に驚く娘たちに驚く(笑)

     先日久々の草野球参加した、というブログを更新しましたが、意外なところで娘達から感心されたことがありました。

     

     楽しく野球をして自宅に帰宅後、埃っぽい河川敷のグラウンドでのプレーだったため、スパイクの砂を取りブラシで埃を落とし、乾いた布でスパイクの表面を磨き日陰で干し…

     

     最後の最後、ホームでスライディングをしたため、ドロドロになったユニフォームを普通の衣服とは別に埃を落としてからドライで洗濯。

     

     帽子を型崩れしないように手洗いし陰干し。

     

     そして久々に使用したグローブの汚れを布で落としてから、薄めにオイルを塗り30分ほど置いてから、キレイな布で乾拭き。

     

     

    「お父さん、偉いね〜。丁寧に片付けるんだね…」

     

     普段後片付けに難がある父親の普段とは違う習慣に驚いた様子でした。いつもこんな風にきちんとルーティン化して身の回りを整理できるといいのですが(笑)。

     

    スパイクとグローブチェックに厳しかった父
     振り返ってみるとこの習慣は、僅か11年しか一緒に生活をしなかった父親の影響。初代WBCに外野守備走塁コーチとして関わる著名なプロ野球選手だった父、野球の技術的なことへの指導は一切しない人でした。

     

     唯一厳しく指導されたのが「道具を大切にしろ」ということ。「自分の道具を管理し大切にできない人間は野球が上手くなるわけがないし、そもそも野球をやる資格がない」と常々言っていました。

     

     遠征から帰り久々に自宅に帰ると、挨拶もそこそこにまず「雄士、スパイクとグローブを持ってこい」と言われるのが常でしたから、父親が帰ってくる日になると慌ててスパイクの磨きに家の外に出たりしていました。

     

     道具の管理を怠ると平気で2〜3時間正座させられるのがわかっていましたからね…

     

     厳しすぎる気もする父の指導でしたが、両親が離婚し父と会うことがなくなってからも、自分が結婚し40歳を迎えた今もなお、「当たり前の習慣」として野球の道具を管理することが出来ています。

     

     面倒ではありますが、自分がプレーで使用した道具や衣服を片付ける作業は実は楽しい作業でもあるんですよね。プレー前後の準備や後片付けも全てセットでプレーをする、ということ。

     

     そのことに気がつくまで時間はかかりましたが、この喜びを教えてくれた父に今はとても感謝しています。

     

    道具を慈しむ日本のスポーツ文化って素晴らしい
     先日50歳でゴールを決めた三浦知良選手のスパイクに関する記事を読みました。数試合に1足スパイクを交換するような選手も多い中、カズ選手は年間3〜4足のスパイクを大切に履く、ということでした。あれだけ実績のある選手にも関わらず、特に細かなオーダーはせずその年の最新モデルを「だって一番いいものを毎年用意しているんでしょ?」といって大切に使うそうです。

     

     MLBで依然輝きを放っているイチロー選手の試合後のグローブやスパイク磨きの習慣も有名ですよね。グラウンドのそこらにポンッと無造作にグラブを置いたり、ストレスを感じてバットを叩きつけるような選手が多いアメリカでは、その真摯な姿勢は余計に目立ちます。

     

     道具を大事に愛情を持って扱ったからといって、一流選手になれるわけでは決してありません。それでも自分の身の回りにつけるツールをどれだけ大切に扱うか、という姿勢そのもの。それが一流選手を超一流のレベルまで引きあげる一つの要素になっているのは間違いないのではないでしょうか。

     

     日々のこういった姿勢を少なくとも「お天道様は見ている」はず、と無宗教ではありますが弘田は信じています。

     

     信仰という文化が広く根付いていない日本こそ、道具を慈しむこういった姿勢はスポーツをしていく上でとても大切なのかもしれませんね。世界に誇れる日本の文化として、道具を大切にする、という気持ち、忘れずに次の世代に伝えていきたいです。

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM