筋膜リリースの意義と最新の見地

0

    Thank you for visiting here!
     筋膜リリース。この言葉、2016年ごろから急にテレビや一般誌でも目にするようになりましたよね。トレーナー業界に携わる人間としては、何をいまさらという気もしますが、逆に我々の業界ではその弊害の可能性なども示唆されていますよね。

     

     ちょっと自分の中で筋膜リリースの意義や捉え方を整理したいなぁと思っていたところで、いい記事を読みました。

     

     それがコチラ→https://athletebody.jp/2017/03/01/myofascial-release/

     

     我々の業界では当然理解されている部分ですが、まずは一般のクライアントに説明する際にも、癒着に関する誤解を取り除く必要がありますよね。

     

     筋膜リリースをすれば、「癒着を起こしている筋膜を伸ばせるので楽になる」のではない、ということは強調すべきでしょう。この記事の中で非常にわかりやすい例えを出してくれているのが、「たった1%の変化を出すために、親指1本程度の面積に約900kgもの圧力を加える必要があると言われている」という説明。

     

     筋膜リリースで当然そんな強い力を加えることはできませんし、そのレベルはただの筋挫傷ですもんね。

     

    筋膜リリースはなぜ効果的なの?
     じゃあなぜ筋膜リリースって効果的なんでしょう?

     

     筋膜リリースで圧を掛けると、筋膜内にある水分が押し出され、圧を掛けた筋膜からは一時的に水分が失われます。当然時間とともに失われた以上の水分が戻ってきますが、この水分には炎症の元となる物質が含まれていることがあり、これが癒着の原因になるという可能性もあるそうです。

     

     セルフ筋膜リリースでこの炎症の元となる物質が水分と共に押し出され、質の良い水分が戻ってくることで癒着の改善につながると考えられているんですって。

     

     そのほか、弘田自身がこの効果が大きいだろうなぁと思っているのが、「神経の働きを通して、筋肉や筋膜の緊張をゆるめる(副交感神経を優位にする)」という効果。


     ストレッチポールでの脊柱へのローリングなんかはむしろこの効果がメインなんではないかな〜と感じています。副交感神経優位にスイッチが入る事により痛みの受容器が抑制され、過緊張がなく可動域を広げることも可能になるのはないでしょうか。


    筋膜リリースの効果は一時的
     あくまでも筋膜リリースで得た可動域や「緩み感」は一時的なのは頭に入れておく必要があります。柔軟性を高めるために毎晩筋膜リリースだけを行っても、効果は得られないでしょう、ということ。

     

     筋膜リリースを行った後に、静的ストレッチをゆっくりと行うといったように、何かを行う前の準備として行う事は効果的なはずです。また筋膜リリースを単独で行うことで、マッサージ効果は得られるため、筋肉痛を和らげる効果も経験的にも期待できると思います。

     

     いずれにせよ強い圧でグリグリ行うのは良くないですよね。しっかりとした呼吸を継続できる強さで、「心地よい」程度の痛みの中で行っていきましょうね。

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM