インフルエンザ抗原迅速検査の精度を考える

0

    Thank you for visiting here!
     実は先週金曜日、都内の小学校にてオリンピック・パラリンピック教育の一環として特別授業を行わせてもらった夜。ゾクゾクとした悪寒と共に熱が急上昇。そのままダウンし翌日の土曜日は一日39°以上の高熱に。

     

     祝日ではあったものの救急外来に妻に連れていってもらい、簡易検査を行うと見事にインフルエンザA型陽性。日曜日、月曜日とひたすら自宅療養となりました。

     

     インフルエンザウイルスは主に気道(口や鼻から肺にかけて)から体内に入り、しばらく時間が経ってから体内で増殖するんですよね。

     

     ウイルスが侵入してすぐの期間は症状が出ないため、感染してから症状が出るまでに時間差ができます。この時間差のことを潜伏期間と言いますが、インフルエンザの潜伏期間は1-4日程度で平均3日程度と考えられています。

     

     前日木曜日の夕方に大阪から帰京した弘田。どうも大阪でウイルスをもらって帰ってきた、と考えて間違いなさそうです。

     

    インフルエンザ検査の精度はどのくらい?
     今回弘田は病院にて細い綿棒を鼻に突っ込む検査を受けました。これはインフルエンザ抗原迅速検査という名前がついており、保険適応でインフルエンザのA型とB型を迅速に検査できるキット。

     

     喉の奥の粘膜にある粘液を採取するために細い綿棒を片側の鼻の中に入れます。採取された粘液の中にインフルエンザウイルスが持つ特徴的な物質(抗原)が含まれていれば陽性反応が出る、というシンプルなもの。

     

     これ以外にもインフルエンザを診断する方法はありますが、外来や入院中の検査では抗原の検査を行っている場合がほとんどだそうです。その原因は、抗原検査の方が簡単に素早く行うことができるから。

     

     実際に検査は20分程度で判定まで行えることが多く、陽性であればすぐに治療を行うことができますからね。

     

     論文などで発表されているものを鑑みると、残念ながらインフルエンザ迅速抗原検査は決して精度の高いものではないことがわかります。インフルエンザの人に検査を行っても陰性と出ることもあれば、インフルエンザ以外の人に検査を行って陽性と出ることもあるんですよね。

     

    コチラの記事にその詳しい内容が書いてあります→インフルエンザ検査は必須?ワクチン、治療はどうなの? https://medley.life/news/item/58a2db5902a74b67068b4570

     

    実際に感染しているときに検査が陽性を示す割合(感度):62.3%
    実際には感染していないときに検査で陰性を示す割合(特異度):98.2%

     

     インフルエンザ迅速抗原検査を行っても、インフルエンザの人の中のおよそ4割を見逃してしまうことになるそうです!

     

     弘田も今回チームでの活動中に発症しなかったのが不幸中の幸いですが、一度インフルエンザ発症者がチーム内に出た場合、感染を防ぐのは困難なのが分かりますよね。

     

     40%近くあるであろうインフルエンザの見落としと平均3日間の潜伏期間、という辺りがやはり厄介だなぁと実感しました。

     

     

    気持ちの緩め方を考えて
     それにしてもオフ期間に入り帰京した矢先の罹患。妻は半ばあきれ顔で「今シーズンは余計に気を張って頑張ってたからホッとしたんじゃない?」と不平も漏らさずに看病してくれましたが、こんなにわかりやすい症状に自分でも驚いてしまいます。

     

     気持ちを強く持って現場の仕事に臨むのはもちろん大切ですが、自分の許容量を超えた頑張りは心身の不調につながりますよね。

     

     気が小さい自分を奮い立たせて、プロであろうと日々過ごすのは弘田にとって必須なのですが、それでも気持ちのON/OFFをもう少しマイルドにできるよう、上手にコントロールしていきたいと思っています。

     

     まだまだインフルエンザが流行し猛威を振るっている現在。皆さんも十分に留意しご自愛ください!

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.04.13 Friday
      • -
      • 09:02
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
      姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
      弘田 雄士
      弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

      recommend

      成功する人の考え方
      成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
      加地 太祐
      WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

      recommend

      サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
      サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

      プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM