患者の負担の少ないがん診断への取り組み

0

    Thank you for visiting here!
     日本人の2人に1人がかかり、3人に1人が命を落とすといわれている「がん」。テレビ復帰をした北斗晶さんのニュースは嬉しかったですよね。32歳の若さで命を落としたフリーアナウンサーの黒木奈々さんの著書、「未来のことは未来の私にまかせよう」を読んだりしていても、いつ誰が発症してもおかしくないのが、がんの怖さ。

     

     現在、がんの確定診断はがん組織の一部を採取するバイオプシー(生体診断)、CT検査によって腫瘍の大きさを評価する画像診断、血清のタンパク濃度を測定する腫瘍マーカーなどの手法を併せて総合的に判断します。

     

     しかしバイオプシー(生体診断)は、患者の精神的・肉体的ストレスが大きいですよね。何しろ痛みも強いそうです…。CT検査による画像診断は、がんの大きさの変化の推移をリアルタイムに把握しにくいことので、治療の成果を正確に判断できない短所があるそう。腫瘍マーカーは、他の炎症などによっても数値が上昇するため、がんの大きさや病態との関連性を掴みにくく、確定診断が難しいデメリットが。

     

     こういった現状に対して、安全かつ迅速に行える「液体診断」が開発された、という記事がUPされていました。

     

    それがコチラ → がん細胞を濃縮して遺伝子解析〜患者のストレスが大きい「生体診断」を安全で迅速な「液体診断」へ http://healthpress.jp/2016/11/post-2675.html

     

    患者にとっては血液検査のみでOKで身体的負担↓
     新しいシステムとして期待されるのが、血液検査によってがん細胞(CTC)を遺伝子解析し、がんの早期発見や転移の発見につなげるリキッドバイオプシー(液体生検)の手法。

     

     3つの大きな課題があったリキッドバイオプシーを解決するのが、高純度濃縮システムだと記事でも紹介されています。

     

     難しいことはさておき、大きいのは負担の大きいバイオプシーを行うことなく、正確で迅速ながん診断が行えるようになること。転移性がんの診断、がんの経過観察、治療効果の早期判定の効率化などにも効果が期待できるこの手法、どんどんと日本内でも広まるといいですよね。

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM