リザーブメンバーの心身の準備の難しさ

0

     昨日行われたラグビートップリーグ第4節。弘田が所属する近鉄ライナーズは、徳島のポカリスエットスタジアムにてキャノンイーグルスとの対戦となりました。

     

     前半に両チームともに危険プレーのよるイエローカードで1名ずつ10分間の退場を受け、ピッチに14名の時間がある展開。

     

     10-13と僅差ではあるもののリードされての後半23分最初のトライはキャノン。コンバージョンゴールも決められて一時は10-20という展開に。こらえにこらえていた中での後半最初の得点を許してしまいました。

     

     残り17分という厳しい状況。ここから後半の20分前後に次々とピッチへ登場した交代選手たちが躍動しました。

     

     終始圧倒していたセットピース。ゴール前のモールからフッカーの王選手が飛び込みトライ。15-20と5点差に詰めると、その5分後にはゴール前での多くのフェーズを重ねて、最後は加速をつけて飛び込んできた辻がトライラインを越えグラウンディング。

     

     ベテランの重光が重圧のかかる中、きっちりとコンバージョンキックを決めてくれ、22-20と逆転に成功しました。

     

     チーム全員がこのリードを守り切る為にどういった戦い方をすればいいか、しっかりと把握し苦しい中でもきっちりとボールを保持。終了間際にはペナルティキックを得て3点を追加し最終スコアは25-20。勝利を収め今季2勝目を手にすることができました。

     

     後半の集中力は素晴らしく、初戦の勝利同様「逆転の近鉄」の面目躍如、という試合を見せてくれました。


    アグレッシブにグランドに飛び出していったリザーブメンバー
     再三このブログ内でもお伝えしているように、アスリートスポーツの現場ではとにかく結果を出す、ということが全て。今回も逆転勝利がとにかく嬉しかったのですが、さらに嬉しかったのはベンチで戦況をみつめていたリザーブ選手たちの活躍でした。

     

     リザーブ選手は入り方がとても難しいです。怪我が多いラグビーでは、出血や脳震盪の疑いによる一時交代、怪我などを含めるといつ交代の声がかかるか、全くわかりません。

     

     グラウンドですぐに100%の状態で飛び出せるように、体をしっかりと動かしておき精神的にも気負い過ぎずに、それなりに集中力を維持しておく。このバランスにも個人差があり、ある程度の経験値がものをいう部分です。

     

     ベンチにてリザーブメンバーのウォーミングアップを担当している弘田も当日の気温や湿度、控え選手8名の顔ぶれによって、全体アップの時間や長さ、実施する種目などを構成しています。

     

     結果論になってしまいますが、昨日のゲームは送り出す弘田からしても、リザーブメンバーの入るタイミングが非常に良かったんですよね。皆、声がかかるタイミングに上手に合わせることができて「よし、待ってました!」の形でグラウンドに飛び出していけたんです。

     

     いつもいつも、直前まで目の前にいた控え選手たちがグラウンドに飛び出していく際、「怪我なくベストパフォーマンス見せてこいよ!」という気持ちを込めて、大きな声がけで送り出します。

     

     昨日のゲームのように、そんな選手たちがグラウンドで躍動する姿は本当に嬉しく感動します…。

     

     長い長い一日となりましたが、勝利という結果でずいぶんと足取りは軽くなるもの。強豪がひしめくレッドカンファレンス側は、2勝2敗の近鉄で勝ち点8の近鉄もいまだに7位。

     

     厳しい戦いは続きますが、集中力を切らずに選手達と共にスタッフも戦っていきます。

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    | 1/100PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM