運動体験を通してこそ運動スキルが身につくということ

0

      我が家の小6の次女。女子サッカーチームに所属する彼女、中学で入るクラブチームを決めてきました。なかなかしっかりとした、そのクラブチームから新人選手たちへ課題が。

     

     軽い助走から片足で跳びあがり、高さの頂点でボールキャッチをする練習を行うように、というものでした。走る、切り返すといった動作は得意なものの垂直方向への動きはまだまだ不得手な彼女、片足ジャンプが上手くできません。

     

     それに加えて高く上げたボールを頭上でキャッチすることも、そもそもボールの真下に入ることができていない様子。

     

     こりゃあ確かに指導したくなるよな、という不格好なものでした。

     

    運動体験を多くさせることが王道
     言葉の定義づけって重要。ここ2年ほど学ばせていただいている小俣よしのぶさんのオンラインセミナーなどを聞いていてそのことを痛感しています。

     

     そもそも「運動スキル」とはどういうことか。これを小俣さんは「身体活動のためのコツなどを含む熟達した能力」とおっしゃっています。それに対する運動体験。体験は「何かを主体的、自主的に関わり、感覚などをとおして意識として感じられること」と考えられます。

     

     自らの意識の赴くままに、体と感覚を通して想像力や創造性を駆使して、できる/できない、楽しい/つらい、簡単/きつい、速い/遅いなどを経験すること。これこそが運動体験なんですよね。

     

     意図的に作られていない物事を「感情」や「五感」を交えて、工夫しながら経験していく部分が肝(キモ)なわけです。

     

    自主性・主体性がポイント
     そう考えると、今回私の次女が与えられた課題も意図的に作られたプログラムです。指導者の方からすれば、「空中にあるボールの位置を正しく把握し、タイミングよくジャンプすることでヘディングなどの競り合いのイメージを高めさせたい」という意図があるのでしょう。

     

     専門家の端くれとして、この動きができたからといってサッカーのスキルに転換する可能性は低いだろうなぁとは感じました。


     それでも「こういった要素を高めるためには、まずこんな動きを習得してほしい」という明確な意図が指導サイドから出ていること自体が素晴らしい。「ちゃんと飛べ!」じゃ指導しているとは言えませんから、こういった指示はありがたいこと。

     

     さらに今回はこの課題に対して「なかなか上手く出来ないからできるようになりたい!」と次女が自主的に依頼をしてきたということもポイント。完璧に自由な環境下でトライしているものではないものの、自主的・主体的に取り組んでいれば向上する可能性はあるはず。

     

     そう考えて、娘と二人で1時間ほど自主練習をしました。

     

    疑似でもいろいろな動きや感覚を体験させたい
     コツは「感覚」であり教えられるものではない。だからこそ本人の感覚が出てくるような分習法を工夫しつつ教えてみました。

     

     「これ、言われた通りの動きじゃないけど…?」とちょっと不安げな娘に対して、「大丈夫!こんな感じがだんだんつながっていくから!」という雑な答えでやり過ごし終了。

     

     それでも彼女なりのイメージを楽しみつつもつかめたようなので、充分有意義な時間になったと思っています。

     

     運動指導ってきちんと取り組むと本当に難しい。ジュニア世代に対する指導であればなおさらです。だからこそしっかりとした知識を持って責任と自覚を持って教えないといけませんよね。

     

     良かれと思って行って逆効果になってしまう事例が世の中にはあふれているのですから。今後も真摯に学びを続けていかないといけないですね…。

     

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    | 1/103PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
    姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
    弘田 雄士
    弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

    recommend

    成功する人の考え方
    成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
    加地 太祐
    WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

    recommend

    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
    サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

    プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM