S&Cコーチとアスレティックトレーナー業の雇用に関して

0

    Thank you for visiting here!
     4月を迎え新年度となったタイミングで、スポーツチームの中でも移籍したり、現場を離れ転職されたり、という報告がフェイスブックやブログなどでも上がっていますね。

     

     3月に東京の新宿で行われた「関東S&Cコーチ会」の中でもずっとメインとなりお声がけをしてくれていた、元CANONイーグルスのストレングスコーチ、池田さんがこの4月からJISS(国立スポーツ科学センター)にて勤務することを発表されていました。

     

     またこの会食に途中合流してくれた元ヤマハのコンディショニングコーチ大塚さんは、福岡ソフトバンクホークスの一軍コンディショニング担当として野球界へ転身することになり、西武ドームでのオープン戦後、駆けつけてくれました。

     

     残念ながら今季はトップリーグ降格となってしまったラグビーHONDAヒートでヘッドS&Cコーチをされていた吉田さんは、新たに千葉県流山市にOPENするNSCAジャパンのHuman Perfomance CenterのヘッドS&Cコーチとして常勤されることになったんですよね。

     

     そんな感じで、2017年度にあたっては新天地で頑張るS&C業の方の去就は順調で華やかな感じになりましたが(笑)、実際に専門職として雇用されることを考えると相変わらず座席の少ない「イス取り」ゲーム状態が続くS&C業界。

     

      実際に面と向かってお会いすると、ライバルというよりは同志だなぁと感じられるのは今現場にする方たちの人間性だと感謝しています。
     

     

     これからこの分野で働いていきたい学生もいると思いますので、弘田の主観的なS&Cコーチとアスレティックトレーナーの雇用に関する違いを書いてみたいと思います。

     

    長期契約になりやすく準医療従事資格が必須?なトレーナー業
      あくまでも傾向としてですが、俗にいうトリートメントを担当するトレーナーは一度契約すると長期化しやすい部分があります。

     

     ポンッと解雇になる可能性もS&Cコーチよりも少ないでしょう。

     

     その代わりインシーズン、オフシーズンを問わずに拘束時間はS&Cコーチとは比べ物にならないぐらい長いでしょう。練習後のトリートメントや病院への付き添い、チームが休日の日でもリハビリメニューチェックで数時間クラブハウスを訪れたり、と完全なオフが少ないのが最も過酷なところ。

     

     そしてアスレティックトレーナーの資格だけでなく、柔道整復師や鍼灸師のような国家資格もほぼ必須です。この辺りのスタートのハードルは高いのではないでしょうか。

     

     更にヘッド格は矢面に立つため、常にスゴイ重圧がかかるのが一般的。技術コーチも死活問題ですから怪我した主力選手の復帰タイミングなどを迫る、というケースもよくあるもの。

     

     今まで関わってきたこのポジションの方達を本当に尊敬しますし、気苦労は絶えないでしょう。

     

     ただしそれだけ過酷で経験や技術も求められるこのポジションのみ、報酬や条件などは優遇されるのもまた事実。ある程度、チームの流れを掴むコツを得られれば、結果的に長期契約も望めるのが特徴だと思います。

     

    短期政権になりがちなS&Cコーチ業
     それに対してS&Cコーチは比較的短命、というのが一般的です。監督やコーチの指針によって、そのS&Cコーチの強みが生かせずに衝突してしまう、というのはS&Cあるあるの一つ。

     

     またチーム成績によりダイレクトに影響を受けやすい傾向もあるでしょう。チームの不振によって責任をとらせやすいポジションなのは、トリートメント系のトレーナーよりも間違いなくS&Cですからね。

     

     この辺りは宿命めいた部分なので諦めるしかありません。またトレーナーとの連携、技術コーチとの良好な関係もより重要視されるので、コミュニケーションスキルの高さが本当に必要だと痛感しています…。

     

     ヘッドS&Cコーチのメリットとデメリットはトレーナーと全く同じです。やはり自分の信じているベストウェイをやっていきたいと考えたら、ヘッド格でないとなかなか難しいでしょう。

     

     正解はないのですが、S&Cの世界こそ考え方ややり方がまだまだ整理され切れておらず千差万別なのが実情ですから。

     

     一般的なトレーナーよりも認知度もパイも少ないS&Cコーチの大きな特徴は、前述したように一度キャリアを築くとそのメンバー内の「実力者」が残った椅子をとっていきがち、という部分です。

     

     Aチームから移籍した〇〇さんが次はBチームへ、というのが多いんですね。

     

     そしてトレーナーの業務と比べてよりアクティブな活動が多いS&Cコーチはやはり現場でスポーツに携われる寿命は短い、というのも間違いないでしょう。

     

    向き不向きをよく考えて選択を
     スポーツ現場に携わるトレーナー関連の勉強をしていきたいと思っている学生は、こういった雇用における特徴も踏まえ、自分の向き不向きをよく考えて選択する必要があると思います。

     

     確立された需要がまだ十分ではないトレーナー業界で、自分が興味を持てて強みを出していける素地がなければ生き残っていくことは難しいです。

     

     だからこそ、しっかりと方向性を定めて狂ったように吸収してほしいなぁ…。新社会人がそこここに見える今の時期だからこそ、改めてそんなことを感じています。

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    口から出た言葉はもう取り戻せないという認識を

    0

      Thank you for visiting here!
       4月25日に自民党二階派のパーティでの今村復興大臣の発言。

      → 今村雅弘復興相が辞任の意向 東日本大震災めぐる不適切発言で http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/25/imamura-tohoku_n_16226156.html

       

       3週間前の記者会見での激高のやりとりに関しては、弘田は質問者のフリージャーナリスト、西中誠一郎氏側には何ら光を当てられなかったマスコミの極端な切り取り方に、ちょっと疑問を持ったんですよね。

       

       しかし結局辞任に至った先日の発言に関して言えば、やはり復興大臣という立場を考えると、この方があまりにも軽率というか無神経だったことを露呈してしまったのだろうと感じました。

       

      口から発した言葉は消去できない
       震災被害や余波に依然苦しんでいる方は多くいらっしゃって、特にその方たちにとっては直接自分たちのこれからに関わっていく復興大臣の一挙手一投足には、いやでも敏感になりますよね。

       

       今村氏の発言に今回取りざたされたような意図が全くなかったとしても、一度口から出た言葉に関して、人々が受けた「ショックや違和感」は消去することはできません。

       

       自分自身、もう少し若いころは仕事の中で勢い余って多くの失言をしてきました。情熱を持ってギリギリの緊張感で仕事をしてきたからこそ、とは思いますが、やはり失言は失言。

       

       それが40を過ぎ、感情的で失礼な発言は減ってきた気がします。それはただ丸くなった、という言葉で片付けられるものではなく、言葉の持つ本当の怖さがようやく骨身に染みてわかったからだと思います。

       

       どれだけ心血を注いで仕事をしてきても、大切な人たちを大事に思っていても「唐突な人を傷つける一言」でそれまで築き上げたものは全て崩れてしまうんですよね。

       

       口は災いのもと。

       

       古くからある言葉の重みをいまさら実感しています。急速に発達したSNSや新しいメディアを持て余している感もある今の日本。匿名性が保たれているインターネットの世界では、ことさらに「他人の挙げ足とり」の傾向が強まっている気がします。

       

       そんな今だからこそ、自分の口から出る一言一句には責任を持たないといけませんよね。ちょっと窮屈な気もしますが(苦笑)、社会人として今後も最も大切な要素の一つになるでしょうから… そんな思いを強くした今回の出来事でした。

       

       

      それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

       


      この時期こそ熱中症にご用心 〜「暑さ指数」メール登録サービスの活用を〜

      0

        Thank you for visiting here!
         週の真ん中となる本日はやや肌寒く、暑さはちょっと一休み。それでも晴天の日には急に暑くなり始めてきましたよね。


         実は地方によっては、一年を通して4〜5月にかけてが熱中症の最も多い時期。特に子供やお年寄りの熱中症が多い今の時期、体を暑さに慣れさせておくことが大切なんです。

         

        熱中症予防に気を配る必要が
         高温な環境が原因となって発生する障害を総称して熱中症といいます。

         

         通常、スポーツなどの運動をすると筋肉などから熱が発生し体温が上昇します。激しい運動中に身体から発生する熱の量は、安静にしている時の10倍以上になるといわれていて、体温の上昇に伴い皮膚の血管が広がることで、そこを流れる血液の量が増えます。

         

         汗も出て、余分な熱を身体の外に放散させますよね。こういった体のしくみによって、体温はほぼ一定の範囲内に保たれているわけです。

         

         高温の環境下では、これらの仕組みが正常に働かなくなることがあります。大量に汗が出ているのに水分を補給しないでいると、体は脱水状態となり、体内を循環する血液の量は減り、熱の放散が逆に減ってしまったりするんですよね。

         

         この状態が熱中症です。

         

         熱中症は、気温・湿度の高い日であればいつでも起こりやすく、毎年死亡事故が報告されているもの。他のスポーツ傷害などとは違って、予防できる症状ですから、現場で働くトレーナー業の人間は軽い頭痛や吐き気などの症状が選手に起きていないか、注意深く見ておく必要があるんです。

         

        実際に計測しなくても便利な「暑さ指数」メール
         熱中症予防の指標となるのが「暑さ指数」という環境省から発表される情報。

         

         「暑さ指数」は、気温や湿度、それに直射日光や路面から照り返す光がどのくらい当たるかなどのデータをもとに環境省が算出し、熱中症予防の指標としてホームページで公開しています。

         

         ここ2〜3年は大型連休の前や期間中に気温が高くなり、熱中症で病院に搬送される人が多くなっていることを受けて、2017年は例年より1か月近く前倒しして今月20日から公開を始めた、というニュースが。

         

         この情報に関して、ホームページで利用登録をするとメールで情報を受け取る事もできる、と知り弘田も早速登録しました!!


        そのURLがコチラ→ http://www.wbgt.env.go.jp/mail_service.php

         

         一日一回の予想値は朝9時半にメール配信してもらうように設定しました。これならその日の屋外でのトレーニングに対する環境因子として、常に頭の中に入れつつ練習プログラムを調整していくことができますよね。

         

         この「暑さ指数」は例年9月29日まで公開されている、とのこと。せっかく国レベルでこういったサービスを行ってくれているので、この恩恵を受けない手はないですよね。興味がある方はメール登録してみてはいかがでしょうか。

         

        それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

         


        | 1/307PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
        姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
        弘田 雄士
        弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

        recommend

        成功する人の考え方
        成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
        加地 太祐
        WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

        recommend

        サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
        サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

        プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM