スーパーセットとトライセット

0

    Thank you for visiting here!
      先日、明大前のティップネスにてCFSC(Certified Funtional Strength Coach)マスターコーチのブラッシュアップ研修がありました。

     

     プログラム更新の内容確認や、Level2の体験などが主になりましたが、改めてCFSCのシステムの特徴の一つでもあるトライセットについて、そのメリットを考えてみました。

     

    時間の効率化が一番のメリット
     トライセットを採用する最大のメリットは時間の効率化でしょう。スーパーセットにしても最大のメリットはやはりこの時短の部分ですが、トライセットを上手く構築すると、施設のスペースを最大限活用することも出来ますよね。

     

     その代わり、スーパーセットの2種目をそのまま3種目にしていこうといった解釈で採用すると、プログラム組みが難しくなります。

     

     スーパーセットのスタンダードなパターンは、主動と拮抗の関係、もしくはそれに近い2種目で作るのが自然ですよね?典型的なパターンで言えば、ロウローとベンチプレスであったり、バックスクワットとGHRの組み合わせで交互に行っていくようなもの。

     

     この考え方でトライセットを組むと、ロウロー→ベンチプレス→チンニング…といった交互のパターンになりやすく、この例で言うとチンニングとロウローで動作面こそ違うものの、プル種目が連続になってしまいます。

     

     体幹種目を入れて、プッシュ、プル、体幹といったパターンでも可能ではありますが、トライセットを3〜4パターン組み合わせて合計9〜12種目行う場合はある種「無駄な」種目を無理に入れていくようなプログラムになりやすいんですよね。

     

    対にならない違う要素+コレクティブドリルor体幹がコツ
     じゃあどういった考え方ならトライセットが上手く機能するか。それは「動作分類の対にならない要素」プラス修正ドリルor体幹種目、を並べるパターンです。

     

     分類方法はいろいろありますが、CFSCではざっくりと7パターンの動作に分けています。垂直プル、垂直プッシュ、水平プル、水平プッシュ、股関節優位動作、膝関節優位動作、体幹系、というパターンですね。

     

     これにコレクティブドリルを加えた要素で考えてみましょう。

     

     例えば最初のトライセットパターンは、
    A1:デッドリフト(股関節優位)A2:1アームロウ(水平プル)A3:CAT&CAMEL(コレクティブドリル)

     

     そして次のトライセットパターンを、
    B1:TRXプッシュアップ(水平プッシュ) B2:多方向ランジ(膝関節優位) B3:ケーブルアンチローテーション(体幹:抗回旋として)

     

     …こんな流れでトライセットをもう1〜2パターン構成したらどうでしょうか。Aパターンの中では体幹部を固めてヒンジ動作を出す抗伸展系、矢状面へのアプローチが続く流れで、胸椎〜腰椎の分離を目的としたコレクティブドリルが連続体として行われる。

     

     Bパターンではボディコントロール系のアプローチとして上肢固定のプッシュから下半身の可動域を引き出すランジ、この2つを行うのに代償動作として出したくない抗回旋を意識づけとして加えて…といったイメージです。

     

     特にBパターンの構成が負荷ベースでなく「ファンクショナルな動作に寄せている」メニューの匂いがして嫌悪感を持つ同業者の方もいるでしょう(笑)。

     

     あくまでも1セッショントータルの種目の組み合わせの中で、こちらの意図や意志が反映されているプログラムを、という例として捉えていただければ、と思います。

     

     セットを単純に3つにするということではなく、自分の中でしっかりと咀嚼したものを提供する、というのが大切ですよね。


    こういったコンセプトは当然CFSC受講でも学べますので、興味が出た方はぜひCFSCジャパンのスケジュールも確認してみてください!
    コチラ→http://www.cfsc-japan.com/schedule/

     

    それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

     


    「微差が大差」を改めてかみしめて

    0

      Thank you for visiting here!
       SNSがこれだけ日常生活に入り込むようになり、フェイスブックやツイッター、Instagramなどに投稿されシェアされた記事がじわじわと話題になってくる、ということが起こるようになりましたよね。

       

       今回弘田が知ってすごく共感させられた詩を紹介させてください。

       


      「ほんの少しの違い」
       できない人は言葉で説得し
      出来る人は行動で説得する
       
      できない人は話したがり
      出来る人は聞きたがる
       
      できない人はお金を求め
      出来る人は成長を求める
       
      できない人は過去にこだわり
      出来る人は未来にこだわる
       
      できない人は不可能と思い
      出来る人は可能と思う
       
      できない人は他人のせいにして
      出来る人は自分のせいにする
       
      できない人は1人で頑張り
      出来る人はみんなで頑張る
       
      出来る人もできない人も
      能力にほとんど差はない
       
      ほんの少しの意識の違いによって
      結果に差が生まれる

       

      <田口久人氏 20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則 より>

       

       才能もセンスももちろん皆違う。それでも人の能力にそんなに大差はないのだ、と弘田は考えているんですよね。だから上記の詩のように、ほんの少しの違い。弘田の好きな言葉の一つ、「微差が大差」をこれからも一つずつ積み重ねていくだけ。

       

       コツコツと、地味でも苦痛にならないように、わずかな変化を楽しみながら、ですね。

       

      それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。

       


      野球は自分の道標(みちしるべ)

      0

        Thank you for visiting here!
         急に冬が戻ったような寒さになった本日。雨の中、久々に大阪に戻っています。オフ期間の終盤、2年振りの草野球公式戦に参加するチャンスがありました。

         

         一番長い付き合いのメンバーとは小学2年生の8歳から一緒に野球をしていた中学時代の野球部のメンバーで作ったチーム。後輩や助っ人に助けてもらいながら、今年で23年目を迎えました。

         

         1番センターでフル出場させてもらい幸いにもチームは7対3で勝利。自身も4打数2安打1打点2得点で2塁から本塁まで走り込んでの回り込んでのスライディングでの帰還あり、と「いいとこどり」(笑)。暖かい気候の下、旧知の仲間たちと夢のような時間を過ごすことができました。

         

         

        自分の人生の原点
         プロフェッショナルなS&C専門家として、スポーツに真剣に取り組む選手やアスリートのサポートをしたい。その想いからスタートして、今幸いにもそれを生業とすることが出来ています。

         

         日々感じること、いよいよ16年目に入る今振り返って思う事、様々ありますが、この日プレーして改めて確認できたことは自分の人生の原点が、この仲間たちと共に続けてきた野球であるということ。

         

         自分がどの方向に進むのか、何を大切にしてどう過ごしていけばいいのか。迷ったときには必ず野球が自分の「道標(みちしるべ)」になってきたんですよね。

         

         左中間の飛球を追いかけていく時間や、一塁を回って二塁に加速するあの瞬間。打席の中でスーッと集中力が増して何だか根拠のない「打てそうな雰囲気」がするあの感覚。仲間と声を掛け合いながら、得点や勝利の瞬間の喜びを共有する雰囲気。

         

         いつまでこの仲間たちとボールゲームを楽しめるかわかりませんが、怪我をしないように皆で年を重ねながら、笑顔で一緒にプレーができたらいいなぁ…

         

         大好きな仲間とやる野球はたまんないなぁ… …これから、人生最大クラスの辛いことや傷ついたことがあったとしても、またこの気持ちから始めればいいんだな。

         

         そんな思いで球友たちと別れたそんな1日となりました。また今日から自分らしく頑張れそうです!

         

        それではまた、お会いしましょう。弘田雄士でした。


        | 1/295PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6)
        姿勢チェックから始めるコンディショニング改善エクササイズ (TJ Special File 6) (JUGEMレビュー »)
        弘田 雄士
        弘田の初著作出版!評価法としての立位姿勢の見方を詳しく説明しています。

        recommend

        成功する人の考え方
        成功する人の考え方 (JUGEMレビュー »)
        加地 太祐
        WEB記事で紹介され、あまりにも芯を食った的確な記事の数々に、結局本を購入。40歳前後の方にはおススメ!

        recommend

        サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他]
        サンテプラス フレックスクッション&DVDセット ブラック [その他] (JUGEMレビュー »)

        プロ野球チームで一番最初に採用したのは、弘田が興味を持ち当時の千葉ロッテが最初。ずっと使えます!

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM